OFFICE HOMARE PRESENTS 

  外志男 アート

きょうの鑑賞 「貝桶(かいおけ)」

平安時代の貴族の遊び「貝合わせ」で使う、
蛤(はまぐり)の貝殻を入れる化粧箱です。
紅葉や菊を周囲に散りばめ、曲水の流れも添えて、豪華な秋の風情が溢れます。

追加の鑑賞「山鳥万葉」

山鳥は、キジ科の鳥で、全体に光沢のある赤銅色です。
オスの尾羽は極めて長いのが特徴です。
色付いた紅葉の陰を、番で飛ぶ2羽の姿に、秋の深まりを感じます。

外志男アートへ
ようこそ!

石川県加賀市で創作活動をした、
宇宙を描く蒔絵師

CGアートの世界

源氏物語絵巻や仏画など、
蒔絵に例が少なかったデザインを、
CGで実現しました。

あなたの暮らしに
外志男アートを!

山中漆器蒔絵師・CGデザイナー

器とオブジェ

外志男のアートは、
額縁の中の世界にとどまりません。
精密で独特な器類が印象的です。

外志男CGアート

 外志男は、昔から野山に親しみ、草花や風景のスケッチをして歩くことが好きでした。

それらを、精密に線画に描き直し、淡彩を加えて絵画として完成させたものが数百点に上ります。

これらを基にしてCGで特殊処理を加え、油彩・水彩・蒔絵とも違う、新しい世界を創造しました。

錦繡蒔絵(きんしゅうまきえ)

 かつて「琥珀塗白檀蒔絵(こはくぬりびゃくだんまきえ)」と呼ばれた技法を、研究により独自技法に昇華し、特許取得したものです。

 ガラスのような光沢の中に元の蒔絵が濃淡豊かに浮かび上がります。
  手間が掛かり過ぎて、真似をする人がいません。事実上、外志男が唯一の作家です。

鑑賞しましょう

外志男アートを息子の塚田誉が解説します。
想像が膨らむ興味深い作品を、ご一緒に鑑賞しましょう。

問い合わせる

蒔絵パネル、CGデザインがあります。CGは光沢紙にデザインを印刷し額装したもので、お気軽に外志男アートを楽しめます。正式なサービス開始までしばらくお待ちください。また、ご相談はメールフォームからお願い致します。

オフィス 誉

homaretsukata2525@gmail.com